Tag Archives: 備前

Home / Posts tagged "備前"

爆風クローズ

2020年9月18日(金) 天気:晴れ 気温:29℃ 水温:23~28℃ 透明度:7~10m(須江)

 

まいどです~!谷口です。

今日は爆風クローズだったので、お隣の須江に行ってきました。

 

って事で、昨日までの串本の写真をアップ

 

 

モンガラカワハギ

なんか見つけたらテンション上がるヤツ!

 

 

カエルがぴょーん

 

 

ホタテツノハゼ

 

 

オニハゼSPのオス

 

 

ヤノダテハゼ

 

 

久々登場!クロリボンスズメダイ

 

 

ルリホシスズメダイ

 

 

カワハギ幼魚

 

 

コロダイ極小幼魚

 

 

あくまの実が真っ白になっちゃった

 

先月の高水温で浅瀬のソフトコーラルは溶け、イソギンチャクは真っ白!

おったまげー

 

ほんじゃまた。


リクエストは群れ!

2020年8月9日(日) 天気:晴れ 気温:31℃ 水温:20~28℃ 透明度:5~15m

 

まいどです~!谷口です

今日僕が担当させて頂いたチームのリクエストは群れ!

 

 

どや!

イソギンチャクモエビの群れ!

こういうことやろ?

 

 

カゴカキダイの群れ

今けっこうええ感じに集まってますよー

 

 

ナガサキスズメダイの群れ

 

 

テングダイの群れ

む、群れ?やんね?笑

 

 

相変わらず水温低くて冬のネタは健在中

カスザメに遭遇!

 

 

これは驚いたのですが、12月くらいから生え始めるケヤリ(海藻)が生え始めてた。。。

枯れてもまだ少しだけ残ってるポイントはあるのですが、この場所は一度すっきり完全に無くなったはず!

まだ、8月なのに、これは異例中の異例。

これはメモとしてアップしときます。

 

 

ボブサンウミウシ産卵中

 

と、今日の海はこんな感じです。

 

明日は連休最終日、水温低いけど、テンション上げて頑張りましょう

ほんじゃまた。


ようやく幼魚がいっぱい現れ始めた

2020年8月8日(土) 天気:晴れ 気温:31℃ 水温:20~28℃ 透明度:5~15m

 

まいどです~!谷口です。

 

ここ最近、ようやく幼魚がいっぱい現れ始めた。

前から見れてるナガサキスズメダイに加え、ベラやスズメダイ、ハナダイ、ギンポ系の幼魚が目に付くようになった。

 

 

ナガサキスズメダイの幼魚

ウミシダとの絡みがエロイね!

 

 

これから浅瀬にわらわらと増え始めるであろうソラスズメダイ

大好きな魚なのだ!

一か月後にはブルーの点々でいっぱいになる場所があるのですが、個人的に今から楽しみでならない。

 

 

背景がピンク色のお家に住んでるミナミギンポ

可愛いので、僕も時間があったら撮影しに行きたいシチュエーションですよー!

 

今日から連休突入で大忙しですが、毎日楽しく潜らせて頂いております。

明日からもよろしくお願いします

 

ほんじゃまた。


もしやこれが、当時某先輩が言っていたハイブリッドなのか?

2020年8月5日(水) 天気:晴れ 気温:30℃ 水温:21~27℃ 透明度:8m

 

まいどです~!谷口です。

 

僕が伊豆に修行に行って間もない頃、当時の上司である先輩に聞いた。

タカノハダイでもなく、ミギマキでもないんですが、あれ、何ですか?ハイブリッドとかですか?』

まだ1000本くらいしか潜ってなかった23歳の僕は、串本の魚以外ほとんど知らなかった。

 

すると先輩は、こう答えた。

『そうそう、ハイブリッドだよ!』

 

なるほど、そんなの居るのかぁと勉強になった訳です。

 

少し時間が経って何気に図鑑を見てたら、タカノハダイでもなく、ミギマキでもないそっくりな第三の魚が載っていた。

その名はユウダチタカノハ

 

ハイブリッドちゃうやん!そういう魚がおるんやん!!

それから僕は、この先輩に魚の事を聞くのを止めたのは言うまでもない。笑

そして、人に聞く前にまずは図鑑を開けるようになった。

 

 

三種の魚を並べてみた。

ググって載ってたやつを勝手に使ってるので、怒られたら削除しよう。

 

さて、あれから17年、串本に戻って来てしばらく経つけど、今日はとんでもない魚に出逢った。

 

 

ん?んんんんんんんんんんんん??????

とっても気になったので、半ば強引にゲスト様にお願いして撮ってもらった。

 

本来ならタカノハダイでスルーするだろう。

しかし、よく見るとしっぽの下半分はミギマキみたいに色が濃くなってるし、タカノハダイ特有の水玉柄がしっぽにない。

もしやこれが、当時某先輩が言っていたハイブリッドなのか?

 

まさか、まさか。

当時から完全に疑ってたけど、もしかしたら伊豆時代でもハイブリッドは居たのかもしれない。

とりあえず17年間嘘つきだと思っていた事は誤っておこう!

大矢先輩、すみませんでした。

 

ほんじゃまた。


暑くて脳みそから火ぃ吹きそうでした

2020年8月3日(月) 天気:晴れ 気温:30℃ 水温:21~27℃ 透明度:10m

 

まいどです~!谷口です。

 

昨日に引き続き、今日も凪

 

 

こんな感じでつるっつるでした

 

 

テーブルサンゴ

例年に比べキンギョハナダイが極端に少ないけど、まぁ、それもそれで良し!

 

 

キビナゴシャワー

 

 

さらに水温アップ

3本目は備前に入りましたが、水底でも25度で快適でした。

ロクハンでフードかぶって潜りましたが、暑くて脳みそから火ぃ吹きそうでした。

 

ほんじゃまた。


束の間の晴れ!!

2020年7月13日(月) 天気:曇り 気温:25℃ 水温:18~20℃ 透明度:5~15m

 

こんにちはーー!ゆーきです。

束の間の晴れ!!

もー雨はいりません!!!

 

あ、そういえばこの間の私のブログの答え発表致します!!!

 

 

見て下さいこの分かりにくい写真!!

自分でもなんでこの角度から撮ったかはわかりかねます。

答えは、オニサザエの卵でした~。

にんにくの右側に被さってるのがオニサザエです。

 

 

ソラスズメダイと卵ちゃん

だいちゃんに教えてもらった時は、産卵中でこれから育って行くのが楽しみや~

今日はカメラ動かなくて、谷口さんのカメラで撮らせてもらいました!

タイマイやマダラエイにも会えてハッピーな一日でした~♪

ほな。

 


snow jamって何なん?

2020年7月12日(日) 天気:曇り 気温:25℃ 水温:18~23℃ 透明度:5~15m

 

ねぇねぇ

snow jamって何なん?

現象?食べ物?

誰か教えてー!!!!!

 

まいどです~!谷口です。

 

水温、去年と一緒で水面暖かいけどちょっと潜ったらめちゃめちゃ冷たい。

カチンコチンになります。涙

レンタルウエットでご予約頂いた方も、二日目にはドライに変更、そんな感じなんすよ今の串本。

 

みなさん、それなりの格好でお越し下さいね。

こんな時は絶対に僕達スタッフも愛用してるロクハンがお勧めですよ。

ドライだと、陸が暑くて辛いっす。汗

 

 

テングダイ

今日もええ感じで並んでました。

 

水温が低いので、未だ繁殖行動の活発さや幼魚の出具合も本調子ではない感じです。

これでグンと上がってくれると、一気に面白い海になると期待して

 

ほんじゃまた。


クールダウンには持って来いですね いや、むしろ冷えすぎですね。汗

2020年7月5日(日) 天気:曇りのち雨 気温:25℃ 水温:18~23℃ 透明度:15m

 

まいどです~!谷口です。

 

あー、毎日蒸し暑いですねぇ

こんな日は海の中へ入るのが最高に気持ち良い。

どんどん水深を落として行くと、サーモクラインがあり、その先は・・・

 

水温18度!

 

クールダウンには持って来いですね

いや、むしろ冷えすぎですね。汗

 

でも、透明度もぼちぼち見えてるし、ダイビングって最高やー!

 

 

カゴカキダイは中層に群れてて、なかなかええ感じでまとまってくれてました。

あえてお客さんに入ってもらう為、ちょっと上から撮って奥行きを作りました。

 

明日はゲスト一名の貸し切りです。

 

毎月29日更新担当のガイド会世界の海ブログのリンクを貼るのをすっかり忘れておりました。

今回は撮影機材に関してのお話です。

宜しければこちらもご覧下さい。

 

穴の奥までグイグイ

http://guide-kai.com/blog/archives/8234

 

ほんじゃまた。


家族愛感じる日々なのです。

2020年6月23日(火) 天気:晴れ 気温:28℃ 水温:23℃ 透明度:10m

 

はーーい!ゆーきです!

今日は、お日さんかんかんで梅雨どこ行ったと思うくらい夏日和でした~!

海の中もあったかくなってきて、寒がりゆーきでも寒いって言葉忘れてきました。

産卵の季節は、水中のあちらこちらに卵があって可愛い卵を守る親の姿に家族愛感じる日々なのです。

 

 

ハモポントニア・フンジコーラ

卵もってんの気付かんかったよエビさん。

 

 

卵ぱたぱた~~

愛されてる卵たちみたらゆーきも親に逢いたくなるな~~

明日も晴れて最高なダイビング日和になりそ!!

ほなおおきに!


普段見かける魚でも、この時期しか見せない体色や行動は何年見ても興味深く、そして楽しいのです。

2020年6月10日(木) 天気:雨 気温:24℃ 水温:20~24℃ 透明度:15m

 

まいどです~!谷口です。

 

昨日から始まりました・・・梅雨。

呼んでないのにね。

まぁ最近雨も少ないし、雨も無かったら水道も出ぇへんくなるから、ええとしましょ。

 

梅雨前線が串本より北に居てるので、西風強め。

今日の二本目はギリギリでしたね。

 

しかし、海の中は産卵、求愛、卵保育が活発になり、個人的にも一年で最も好きな季節に入ってます!

普段見かける魚でも、この時期しか見せない体色や行動は何年見ても興味深く、そして楽しいのです。

 

 

キホシスズメダイ産卵中

オスは真っ黒の婚姻色に身を染めております。

 

 

ハチジョウタツ

久々に目に入ったよ。

いっぱい居てるんやけど、なんか最近見えへんなぁ。

 

 

このシーンが見れるのを待ってました。

卵を守るスケロクウミタケハゼ

外海深場では見れるものの、近場の浅い場所では滅多に見れない光景です。

 

 

チビウミシダエビ

 

あー!個人的にも撮りたいものがどんどん出てきました。

チャンスがあれば狙ってきます。

 

ほんじゃまた。