Tag Archives: 卵

Home / Posts tagged "卵"

ダントツ一位でマニアックなガイドさせて頂きました。

2021年7月9日(金) 天気:曇り 気温:28℃ 水温:20~24℃ 透明度:10

 

あんにょん、ゆーきです。

本日も西風強めでしたが、海の中は産卵や保育、群れと賑やかですよ!

 

フルセゼブラヤドカリ

私は初めましてなのですが、谷口曰くよくいるらしい、、、。

なんか悔しい。

ハッキリとした色使いの体がかっこいいです♪

 

ジョーフィッシュ(口内保育)

卵持ってない時は、細くて穴からよく顔出してくれてたのですが

口内保育が始まってから口が大きくなり、出て来れなくて入口に何回も激突していました。(笑)

新品卵ちゃんこれからが楽しみです!

 

 

今日のリクエスト

イソコンペイトウガニと聞いていたのですが、本当は大ちゃんの指毛が一番撮りたかったんちゃうかな~~

めちゃくちゃ嬉しそうに指撮ってました(笑)

今までお会いしたお客様の中で、ダントツ一位でマニアックなガイドさせて頂きました。

 

2ダイブ連続でイサキの群れと出会い、その群れにアタックする特大サイズのカンパチにも出会い

港では、顔だけ馬になっちゃったおじさんとも出会いました(笑)

顔だけ馬おじさんは、マリンステージのインスタグラムのストーリーズに登場していますので、

どんなのか気になる方は是非チェック宜しくお願いします!!

 

明日は、気温上がって晴れ予報なので皆様水分補給こまめにして下さいね~♪

ほな、おおきに。


イカの卵がアイスに見えてきました

2021年6月27日(日) 天気:雨のち曇り 気温:23℃ 水温:22~23℃ 透明度:15

 

はい!ゆーきです。

水温も上がってきたし、今日からウェットスーツで行ったろ~

って張り切っていたのですが、今日に限って陸が寒すぎました^^

でも水中は寒がりなゆーきでも快適に過ごせましたよ!!

ドライかウェットか悩む時期だと思いますので、予約時にお気軽にご相談してください♪

 

 

ハナイカの卵

これからが楽しみな卵ちゃん♡

アイスを毎日食べてると、イカの卵がアイスに見えてきました(アセアセ)

 

ディオゲネス・ドロテアエ

きたああああああああ!!!

最近串本にいると聞いて、探していたヤドカリさん!!

めっちゃばっちり撮って頂きました♪

かっこいい!!

 

ミナミハコフグyg

今年も人気者が増えてきましたよ~!

ゲストさんが見つけてくれました♪

 

 

カザリサンゴヤドカリ

今日も推しのヤドカリを可愛く撮って頂きました♡

 

ほな、おおきに


やっと見れたー! 個人的に今季初のジョーフィッシュの口内保育

2021年5月23日(日) 天気:晴 気温:24℃ 水温:18~19℃ 透明度:10

 

まいどです~!谷口です。

 

久々に晴れた!

洗濯物を外に干せるってだけで幸せですね。

今日は5㎜ウエットの方も2名いらしたので、雨じゃなくて良かったねって話してました。

 

水温はまだ18℃なので、ウエットはちょっと寒いかな?

ちなみに僕はロクハンなので余裕ですけどね。

 

 

やっと見れたー!

個人的に今季初のジョーフィッシュの口内保育

しばらくは何度か産卵すると思うので、今後も楽しみですね。

 

 

こちらもやっと見れたー。

ハナイカのぶちゅーです。

これ、何やってるんですか?求愛ですか??

 

 

めっちゃ可愛いオオウミウマの幼魚。

ホンダワラに絡まってて、ほんまいいよ

何かこの写真の組み合わせって、串本じゃないみたいですね。

オオウミウマ自体も珍しいし、ホンダワラもこの時期しか生えないしね!

 

 

こちらもホンダワラですが、擬態するハダカハオコゼ

なんか最近ホンダワラに絡むシリーズが気になって仕方ない。笑

 

ほんじゃまた。


今しか見れない男の生き様!とくとご覧あれ

2021年5月16日(日) 天気:雨 気温:21℃ 水温:19~20℃ 透明度:10~15

 

まいどです~!谷口です。

 

今年は最低水温が17℃と高めで終わったけど、上がりはイマイチ遅く、数日前に暖かい良い潮が入るまでずいぶん時間がかかった。

水温が上がるのを心待ちにしてるのは我々ダイバーだけじゃなく、魚達も同じ。

案の定一気に産卵が始まった。

 

 

アオスジテンジクダイの口内保育

メスが産卵した卵をオスは口の中で育てます。

その間は絶食だそうな。

今しか見れない男の生き様!とくとご覧あれ。

 

 

婚姻色に身を染めたイトヒキベラ

個人的にはベラを撮影する為に一眼レフを買ったので、ベラへの思いは人並み以上かも知れない。

どこにでもたくさんいるイトヒキベラですが、この時期しか見れないオスのメタリックブルーは必見です。

 

今日の写真は昨年のものですが、今見れる旬のもの。

他に確認したのはホンソメワケベラ、マツバスズメダイ、キホシスズメダイ達も産卵が始まった。

 

僕はこの時期が一年で最も楽しい!

さぁ、今からフィッシュウォッチング楽しみましょう。

 

ほんじゃまた。


今年10年振りに見つけた魚

2020年11月25日(水) 天気:くもり 気温:17℃ 水温:23℃ 透明度:20

 

まいどです~!谷口です。

 

自分まだロクハンで潜ってるんですが、今日は朝から全然太陽出ぇへんし、こりゃ寒いわぁ思うて昼からの1本だけドライにしたら、ファスナーからじゃんじゃん水入って来るやんけぇー!

 

保温力

水没するドライ→へたへたのロクハン

そらそうやわな。

 

暖かい風呂入って寝よ、屁ぇこいて寝よ。

 

今年10年振りに見つけた魚が居てて、でも誰も撮れないまま一ヵ月以上が過ぎ、今回3度目の遭遇。

今日のゲスト様がついにいわしてくれました。

 

 

ヤミスズキ

基本暗い場所にいるみたいで、そもそも会えない事が多い。

今日になって気付いたけど、2匹いた。。。(リールご覧下さい)

俺も撮りたいぞー!!!!!

 

 

イワアナコケギンポ

葉山で見たので関東に居るコケギンポって言うてますが、合ってます?

串本では限られた場所でしか出てませんが、ある行動がこの種類だと断言してくれます。

 

 

コバンハゼの保育

なかなか光の届かないサンゴの奥の奥なんやけど、きっちり撮ってくれました。

さすがです!

 

今日のリールです。

 

 

ほんじゃまた。


台風9号

2020年9月1日(月) 天気:晴れ一時雨 気温:32℃ 水温:27~29℃ 透明度:3~15

 

まいどです~!谷口です。

 

最近、iPhoneで潜ってます。

思った以上に綺麗に撮れる時もあれば、それほどでもない時もある。

今日の写真はすべてiPhone10です。

 

どうぞ、ご覧下さいまし

 

 

ナガサキスズメダイwithケヤリ

うーん、ザラつきが目立つね。。。

 

 

ハナイカの卵

もうすぐハッチアウトかなぁ思います。

 

 

通りすがりのEDIVERS遠藤君。

1本目はこんなに綺麗やったのに。。。

この後、12時くらいからもの凄いウネリが入り、視界は見る見るうちに悪くなり、海底の揺れも半端なくなって来た!

グラスの水路で遊んでたら、水路から押し出されたくらいである。笑

 

これはとても3本目潜れる気がしなかったので、古座川行ってきた。

 

 

古座川のエアーズロックこと一枚岩。

うちのおかんは、この近所で生まれ育った。

先住民は、うちの先祖である。笑

 

 

ゴクラクハゼ

どや!iPhoneなかなか綺麗ちゃう?

 

 

ね!ね!

みんな、iPhoneハウジング買おうよー!!

 

明日からのお客さんはお断りさせて頂きました。

今季は台風が全く無かったのでおかげで潜りまくってた。

今日のうねりは9号のものですが、この10号がやって来る!それも、最悪のコースかも知れない。

 

たまには窒素抜きせなね!ってことですが、いつになったら再開できるのか?

それくらい影響出そうですのでみなさんご注意下さい

 

ほんじゃまた。


束の間の晴れ!!

2020年7月13日(月) 天気:曇り 気温:25℃ 水温:18~20℃ 透明度:5~15m

 

こんにちはーー!ゆーきです。

束の間の晴れ!!

もー雨はいりません!!!

 

あ、そういえばこの間の私のブログの答え発表致します!!!

 

 

見て下さいこの分かりにくい写真!!

自分でもなんでこの角度から撮ったかはわかりかねます。

答えは、オニサザエの卵でした~。

にんにくの右側に被さってるのがオニサザエです。

 

 

ソラスズメダイと卵ちゃん

だいちゃんに教えてもらった時は、産卵中でこれから育って行くのが楽しみや~

今日はカメラ動かなくて、谷口さんのカメラで撮らせてもらいました!

タイマイやマダラエイにも会えてハッピーな一日でした~♪

ほな。

 


答えれるあなたはきっと卵博士です。

2020年6月25日(木) 天気:曇り 気温:26℃ 水温:23℃ 透明度:12m

 

はーい!!ゆーきです。

最近のマイブーム〇〇の卵を紹介します!

 

 

らっぱみたいな形してて中はつぶつぶ、陸では見たことのない見た目に惹かれてます^^

断面がニンニク切ったみたいなってて、この卵を見るとにんにく料理を食べたくなってしまう、、、。

そんなゆーきは、ネットでぺぺロンチーノを調べてみました!

皆さん知っていましたか??

ぺぺロンチーノは本名 “アーリオ・オリオ・ぺぺロンチーノ” て言うらしい!

エビの学名とかでありそ~~!

ほんまどうでもいいこと調べてもうて脱線しましたが、、、

さて!!この卵の親は誰でしょおおおお!!!!

答えれるあなたはきっと卵博士です。

ニンニク料理食べて、明日からも元気に頑張りましょう♪

ほな!おおきに。

 


家族愛感じる日々なのです。

2020年6月23日(火) 天気:晴れ 気温:28℃ 水温:23℃ 透明度:10m

 

はーーい!ゆーきです!

今日は、お日さんかんかんで梅雨どこ行ったと思うくらい夏日和でした~!

海の中もあったかくなってきて、寒がりゆーきでも寒いって言葉忘れてきました。

産卵の季節は、水中のあちらこちらに卵があって可愛い卵を守る親の姿に家族愛感じる日々なのです。

 

 

ハモポントニア・フンジコーラ

卵もってんの気付かんかったよエビさん。

 

 

卵ぱたぱた~~

愛されてる卵たちみたらゆーきも親に逢いたくなるな~~

明日も晴れて最高なダイビング日和になりそ!!

ほなおおきに!


普段見かける魚でも、この時期しか見せない体色や行動は何年見ても興味深く、そして楽しいのです。

2020年6月10日(木) 天気:雨 気温:24℃ 水温:20~24℃ 透明度:15m

 

まいどです~!谷口です。

 

昨日から始まりました・・・梅雨。

呼んでないのにね。

まぁ最近雨も少ないし、雨も無かったら水道も出ぇへんくなるから、ええとしましょ。

 

梅雨前線が串本より北に居てるので、西風強め。

今日の二本目はギリギリでしたね。

 

しかし、海の中は産卵、求愛、卵保育が活発になり、個人的にも一年で最も好きな季節に入ってます!

普段見かける魚でも、この時期しか見せない体色や行動は何年見ても興味深く、そして楽しいのです。

 

 

キホシスズメダイ産卵中

オスは真っ黒の婚姻色に身を染めております。

 

 

ハチジョウタツ

久々に目に入ったよ。

いっぱい居てるんやけど、なんか最近見えへんなぁ。

 

 

このシーンが見れるのを待ってました。

卵を守るスケロクウミタケハゼ

外海深場では見れるものの、近場の浅い場所では滅多に見れない光景です。

 

 

チビウミシダエビ

 

あー!個人的にも撮りたいものがどんどん出てきました。

チャンスがあれば狙ってきます。

 

ほんじゃまた。