Tag Archives: アオウミウシ

Home / Posts tagged "アオウミウシ"

思うように出港できません

2021年7月7日(水) 天気:晴れ 気温:29℃ 水温:20~24℃ 透明度:15

 

まいどです~!谷口です。

今月初めての出港。。。

梅雨前線の影響でひたすら西風が続いており、思うように出港できません。

 

どうしても控え目な判断となり、お断りさせて頂いてることもしばしば、さらには週末もヤバそうです。

しかしこれが抜ければ一気に真夏の到来!

今から楽しみでなりません。

 

久々の海は、冷たーい潮が入ってきておりました。

うーん、20℃。。。

5㎜ウエットは、はっきり言ってお勧めしません。

 

 

イシガキダイのちび

白黒の魚を黒で抜く!

41歳ともなると、変な事したくなります。笑

 

 

ヒレナガネジリンボウ

ちょっとしたお遊び。

さて、どうやって撮ってるでしょう?

 

 

こんな事あります?笑

アオ同士、仲ええんかな。

 

 

水中写真家の鍵井さんの写真展を見に、青山までぴゅーっと行って来ました。

なんとも優しい空間でした。

 

そういや、串本の写真あったかな?

あったよね?

きっとあったはず。涙

いつか鍵井さんと潜ってみたいな!

 

写真展「青い庭」

6/29~7/11

場所:Nine Gallery

東京都港区北青山 2-10-22 谷・荒井ビル1F

 

詳細は、鍵井さんのオフィシャルブログで

鍵井天然水族館

 

ほんじゃまた。


春霞

2021年3月19日(金) 天気:晴れ 気温:19℃ 水温:17℃ 透明度:5~10

 

まいどです~!谷口です。

 

春霞がやって来た!

見えないところは、そうですねぇ5mくらい。

季節はもう春、日中もポカポカと眠くなりました。

 

 

近年気になってるカギケノリという海藻

ある水深では多く生え、何か乗ってないかな?って探してまう。

今日はね、ヒメイカが乗ってた!

くぅー、俺も撮りたい。

 

 

人工物のような色彩のウミシダに住むコマチコシオリエビ

ストロボは弱めにしないとぶっ飛んでしまうので注意

 

 

ウミウシはあまり撮らないとおっしゃってましたが、上手に撮れてるじゃぁないですか。笑

青、緑、ピンクと色鮮やかですね!

ほどよいサイズのウミウシは、カメラの練習には持って来いなのである。

 

明日は第29回串本海中フォトコンテストの授賞式です。

授賞ノミネートされた方が多数出席されますが、果たしてグランプリはどの作品なのでしょうか?

楽しみですねー!

 

ほんじゃまた。


1人1000ケヤリ

2021年3月15日(月) 天気:晴れ 気温:18℃ 水温:17℃ 透明度:12

 

まいどです~!谷口です。

 

1人1ネジリンボウ、1人1ダンゴウオ、ダイバーなら話の中でよく聞く言葉ですよね。

今日のこのポイントはね、「1人100ケヤリ」ってお伝えしてご案内させて頂きましたが、そんなもんじゃないっすね。

もっともっとボーボーに生い茂っておりました。

まだポイント開拓中レベルで地形を把握できておりませんが、今度から「1人1000ケヤリ」とブリーフィングでお伝えしよう。

 

 

今日のお客さんはフィッシュアイで撮影されておりましたよ。

 

 

アオウミウシwithケヤリ

 

 

ダテハゼのケヤリ抜き

 

富戸店の桑原社長に怒られることなく無事ダイビングが終わった。

ほっ(^^)

 

ほんじゃまた。


令和初ダイビング

2019年5月1日(水) 天気: 曇りのち雨 気温:19℃ 水温:19℃ 透明度:10m

 

まいどです~!谷口です。

 

令和初のダイビング~!!!!!

 

 

新時代の幕開け!

みなさまご協力ありがとうございました。

 

 

インスタ映え

 

 

ハナイカ絶好調です。

卵見つけたいんやけど、新時代の間には見つけたいと思います。

 

ほんじゃまた。


これがこの前撮影されたと言うブラックホールと言うヤツですか?

2019年4月21日(日) 天気: 曇り 気温:20℃ 水温:19℃ 透明度:8~13m

 

まいどです~!谷口です。

 

この現象はなんですか?

もしかして、これがこの前撮影されたと言うブラックホールと言うヤツですか?

 

 

よう分からんから、正木さんに聞いてみよ!

 

 

狙い通りのハナイカ。

10年潜ってて見たことない言うてたお客さん、1ダイブで2匹に会えました。

これはほんま、ラッキーでしたね!

 

 

アオウミウシも可愛く。

 

 

ポイントによっては、ご覧の通りフクロノリが草原のように広がっています。

フクロノリの隙間からトラウツボが顔を出しています。

 

 

アマミスズメダイもええ感じでちびがあふれかえっています。

ガンガゼメルヘンで一番ええのはここではアップするのももったいないのであえてのピンボケで。

 

ほんじゃまた。