Home / この時期ならではの生物達

この時期ならではの生物達

3月15日(土) 天気:快晴 気温:16度 水温:17度 透明度:15m
浮遊物は多いですが、この時期にしてはとってもキレイでした。
今日はこの季節ならでは、という生物がたくさん見られましたよ!!
1本目:グラスワールド
まずはカスザメ!
グラスワールド カズザメっ!

水温の低い時に現れるエイのように平べったいサメ。
砂地に擬態しているので、この時期は要チェックです!
写真は正面からです!
この歯に咬まれたら、痛いやろなぁ。汗
アオウミガメもスイスイ~。
グラスワールド 逃げるアオウミガメ

その他、マダライロウミウシムチカラマツエビヒオドシベラの幼魚などなど
2本目:備前
今年は登場が遅かったピカチュウウミウシ。
個人的にこの冬初となりました。
備前 ピカチュウウミウシの…

同じ岩でトータル4固体見られました。そしてその内の2匹は交接中でした(キャ)。
ピカチュウの横では、ただいま繁殖期のヒメギンポ。
メスの姿は見当たりませんでしたが、オスが1匹で婚姻色に身を染めていました。
備前 婚姻色を出しているヒメギンポの雄

ほとんどの魚が水温の高い時期に繁殖行動を見せるのですが、ヒメギンポは水温の低い冬場に行います。
なので、今がヒメギンポを見るには最適の時期なのですよ。
運がよければ、産卵シーンも見れるかも!?
その他、アマミスズメダイの幼魚(1cm)も現れ始め、まだまだ見れてるジャパピグ、でっかいオオモンカエルアンコウオランウータンクラブビシャモンエビ
明日の更新もお楽しみにっ!
※3月25~30でトップページに載せていたスミランクルーズは、遂行人数に達しなかったため、企画倒れとなりました。


Comments

    まー

    シミラン、残念ですね。。。
    同じ日にカパライへ発つので
    関空で会えるのでは?と密かに期待してたんですが。。。

    Reply
    かっつん

    今回は伊豆のお店からの企画だったので、予定は成田だったんです。
    またカパライですか!?
    相当良い海なんですね。

    Reply
    しずえっち

    カメいいなぁ~♪
    串本は春濁りってないの??
    スミランよりも串本行きたいしずえっちより[絵文字:v-221][絵文字:v-7]

    Reply
    かっつん

    しずえっち
    はよ串本おいでよ~!
    首を長ーーーくして待ってるのに。笑
    春濁りはありますよ。
    しかし、串本は黒潮が近いから、一瞬で潮の入れ替わりが多々あり、すぐに無くなったりすることがあるよ。
    ないようである。
    あるようでない。
    そんな感じかな。笑

    Reply
    まー

    シパダンが良いんです~♪
    私の中で最高の海です!!
    シパダンへは6回目です~。
    行ってきま~す。

    Reply
    かっつん

    いいですね~。
    僕もカンムリブダイの出勤ってヤツを見てみたい。笑
    midorinさんも行かれるそうで。
    楽しんできて下さい!

    Reply

Leave a Comment

*