Home / 気合いが入りすぎて…

気合いが入りすぎて…

10月15日(水) 天気:快晴 気温:24度 水温:24~25度 透明度:15m
昨日とは正反対の快晴でポッカポカ。
確実に肌が焦げそうな日差しの強さでした。
そんな中、今シーズンはもうすぐクローズかと思われるアンドの鼻に潜って来ましたよ。
泥砂のハゼを主に見たかったんですが、気合いが入りすぎて空回り。
岩場に生息する現在のアンドなわではの生物を見てきました。
まずはシマヒメヤマノノカミ
アンドの鼻 シマヒメヤマノカミ!
アンドではあちこちで見かけるのですが、その他のボートポイントでは居ません。
須江や出雲ビーチなどの串本の東側ではいるんですが…。
そう言った意味では、ある意味レア物です。
気になっていたキツネウオの幼魚も撮ってきました。
アンドの鼻 キツネウオの幼魚
この魚が持つ独自の妖しい黄色は、地味な周囲の環境の中で一際目立っています。
よく似たヤクシマキツネウオという和名のついたプリンセス・モノクルブリームも只今捜索中。
ハチマキダテハゼ、オオモンカエルアンコウの幼魚、クロホシイシモチの大群&アザハタ、ネジリンボウのペア、トラギスへ威嚇するオトメハゼ、せっせと巣作りをするクロイトハゼのペアなどが見れました。
生物も濃く、透明度も安定しているこの時期の海!
『一年でどの季節が一番好き?』って聞かれると、僕は迷わずこの時期を選ぶでしょう。
そんな楽しい海へ、ぜひみなさん遊びに来て下さいませ~。


Leave a Comment

*