Tag Archives: フィコカリス・シムランス

Home / Posts tagged "フィコカリス・シムランス"

濁り姫

2021年1月30日(土) 天気:晴れ 気温:9℃ 水温:17℃ 透明度:8

 

まいどです~!谷口です。

 

むむむ、透明度が急ダウン

10mも見えないのって、いつ振りやろ?

そういや水温も17℃なってるし、ちょっと潮が変わったみたいっすね。

 

1本目上がってからご新規のお客さんに、『こんな濁ってる海ひさびさ潜ったわぁ』言うたら、

『私、いつ串本に来ても濁ってて同じこと言われます。みんなから、「濁り姫」って呼ばれてます!』

 

犯人はあんたかーい!!!

 

笑てまいましたわ。笑

 

 

クマドリカエルアンコウのちび

まだ2㎝もないくらいかな?小さくてかわいいよー

 

 

フィコカリス・シムランス

目にピントを合わすのが本当に難しい。

AFでは目にピントが来ないので、僕はちょっとしたコツを使って撮ってる。

その話はまた今度でも!

 

 

店のウッドデッキから見る夕陽

木と夕陽のコントラストがお気に入りっす。

 

毎月29日更新担当、ガイド会世界の海ブログも更新しました

宜しければこちらもご覧下さい

あー、俺も銀座のクラブ行きてぇー!。笑

 

ほんじゃまた。


今年はワライヤドリエビの当たり年のようです

2020年2月29日(土) 天気:雨 気温:11℃ 水温:17℃ 透明度:15

 

まいどです~!谷口です。

 

今年はワライヤドリエビの当たり年のようで、大発生しております。

2008年に発見した時もそうでしたが、潮周りが似てるのでしょうか。

 

 

その中でも、綺麗なサンゴの個体を狙って撮って頂きました。

 

 

サガミアメフラシonベニヤナギノリ

もう冬の定番ですね!

 

 

イソギンチャクモドキカクレエビonハナイソギンチャクモドキ

こちらも冬場に安定して見られるのですが、中でも発色の良いイソギンチャクは数少ない。

とても綺麗な組み合わせなのでぜひ撮影して頂きたいです。

 

 

フィコカリス・シムランス

撮りやすい場所に居て、しかも黒抜き、青抜きどちらも楽々撮れます。

 

 

最後はビイドロカクレエビ

あれ?

何か今日、エビばっかやん!笑

 

毎月29日更新担当、ガイド会世界の海ブログも更新しました。

宜しければご覧下さい。

どうしてくれるん? 20万もしたんやで?笑

 

ほんじゃまた。