Home / サンゴの産卵情報!

サンゴの産卵情報!

7月6日(日) 天気:快晴 気温:29度 水温:24~26度 透明度:10~15m
もうそろそろ梅雨明け宣言してもええんちゃう?
というように、本日も最高のお天気でした!
そして波もなく、透明度以外は最高。
でも、午後からはええ潮が入って、一気にブルーな海になりましたーーー!!!
さて、『今年のサンゴの産卵情報』とトップページにも書いてある7月1日(火)~5日(土)の間は、情報によると、一部のサンゴしか産卵はなかったようです。
と言うことは…、次の大潮はというと…!!7月の16日(水)~19日(土)まで
って、連休にかぶりますやん!!
当店も含め、その日あたりに串本に来られる方は、ぜひ狙ってみてはいかがでしょう!
1本目:イスズミ礁
シンデレラウミウシが特に目につきました。
エントリーしてすぐに連続3個体。しかも1匹は産卵真っ最中でした。
そして、イスズミ名物のチョウチョウウオ玉も、ついに列になっているのが見れました。
あと一ヶ月後くらいがピークですっごい数になると思いますので、みなさんその時はぜひ見に行きましょう。
珍しく、ツバメウオの成魚が見れたのも印象的でした。
2本目:グラスワールド
卵を保護するクマノミ、カエルアマダイアゴアマダイ、去年やってきたハナゴイに今年流れてきたばかりの小さいハナゴイ。
タキベラの幼魚をゲストが撮っていたら、ホンソメワケベラがゲストの耳の中をつんつんと掃除し、撮影の邪魔をしているのがウケました。笑
ピグミーシードラゴン、ムラサキウミコチョウ
3本目:住崎
エントリーしてすぐにアオウミガメが登場。
そして、昨日見つけられなかったクマドリカエルアンコウも、定位置に帰ってきてた。
この子はでかいよ!フリソデエビ
写真は昨日のゲスト、K旦那さまのもの
ミナミハコフグの幼魚ヤミテンジクダイ
明日の更新もお楽しみに!


Leave a Comment

*