Home / ベニハゼorチゴベニハゼ

ベニハゼorチゴベニハゼ

11月5日(金) 天気:晴れ 気温:19度 水温:24度 透明度:10m
あれあれ!?透明度、あまり良ろしくないぞ!?
この時期なしからぬ感じです。
今日は久々になった吉右衛門と、いつもの備前です。
予想外のところで見つけました!
ベニハゼもしくはチゴベニハゼです。
サンゴのガレ場の上にいるのかと思ってたのに、って言うか奄美大島行った時とかそうやったのに、シュンカンハゼが居そうな雰囲気にいましたぞ。
両種の見分け方がイマイチよく分かりませんが、いずれにせよ串本では珍種になります。
吉右衛門 ベニハゼorチゴベニハゼ
備前で撮りました!アカホシカクレエビです。
今年はイソギンチャクの白化が目立ってますが、ここも同じです。
そして今年は『アカホシカクレエビ当たり年』とでも言いましょうか、例年以上に明らかに多いです!
もう、あちこちいますよ。
備前 白化したウデナガウンパチとアカホシカクレエビ
最後はアンカーの根で卵を守るガラスハゼです。
ホストとなるムチカラマツのポリプをかじり取り、そこに卵を産みます。
なので遠くから見ても、明らかにそこだけポリプが無いので、卵があるか、もしくはその前後だというのが一目慮全。
備前 卵を守るガラスハゼ
さて、明日は久々にお仕事です!
良いガイドできるようにがんばります(*^_^*)
※mixi現地プレス昨日更新しました。良ければこちらもご覧下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3828721


Leave a Comment

*