Home / 串本ならでは

串本ならでは

10月25日(土) 天気:晴れ 気温:23度 水温:25度 透明度:15m
過ぎた後の低気圧のうねりと西の風が重なり、思った以上に波がありました。
エントリーする前にウエイトを巻いていたら、予想にも増した横波が来たもんやから、もうちょっとで船から落ちそうになった。
それと同時に、アンカーでケツを強打するというダブルパンチ。
思わぬ不意打ちを喰らってしまった。
1本目:住崎
本根周辺は、クロホシフエダイアカヒメジが写真のように群れ群れ。
ここまでアカヒメジが群れていると、まるで南の島のよう。
住崎 クロホシフエダイとアカヒメジ
と、思わせて、磯魚のメジナも群れている。
住崎 メジナの群れ
こういうのが、熱帯の魚と温帯の魚が混じる「串本ならではの海」と言うのでしょうか。
2本目:アンドの鼻
ゲストが僕の知らぬ間に、僕の知らないウミウシを撮って来ていた。
名前を調べると、クロモドーリス・ヒントゥアネンシスというらしい。
どうやら、まだ和名のないウミウシだそうな。
アンドの鼻 クロモドーリス・ヒントゥアネンシス
バディも見たそうな…。
『今度は教えてね!』
今日は何年振りかにマジマクロイシモチなんかも発見。
他には、イシヨウジ、シマヒメヤマノカミ、ナンヨウハギ、オオモンカエルアンコウ×2、フリソデエビのペア×2、ネジリンボウのペアなどが見れました。


Leave a Comment

*