Home / イカイカイカ

イカイカイカ

5月17日(土) 天気:晴れ 気温:21度 水温:21~22度 透明度:10~15m
ベタ凪で気持ちの良い晴れ!
たまには外洋に行きますか!って事で目指すは2の根。
しかし、潮がビュン流れでした。苦笑
1本目:島廻り
って事で、比較的潮の流れの少ないポイントへ。
潮がほど良く(実はけっこう疲れるほどの流れ)流れる中、シラコダイの群れ、メジナの群れ、タカベの群れ。
そして、外洋ならではでしょうテングダイ
島廻り テングダイ3連

分身の術を見せてくれました。笑
内海では姿をほとんど見せてくれないので、この魚を見ただけでも来た価値があるってもんです!
そして、個人的に串本での遭遇は初となるキミオコゼ
島廻り キミオコゼ

思わず『うわぁ!』って叫んでました。
よく似たミノカサゴの仲間との見分け方は、尾ビレの付け根付近に『紹介』の『介』という字を横にした模様があります。
そして、各ヒレもとがってますしね。
透明度もまずまず、体力は消費したけど充実の外洋でした。
2本目:グラスワールド
アオリイカの産卵が大爆発しています!
グラスワールド アオリイカの産卵2

次々に頭上を通るイカ達。
グラスワールド アオリイカの産卵

数えるだけで25ハイは確認できました。
独身オスが次々にカップリングしているメスを横取りしようとする様、それを阻止し一気に黒っぽい体色に変化するカップルのオス、腕をいっぱいに広げ大きく見せ合う両者、産卵行動をサポートする様、20分ほどの観察で様々なドラマが目の前で繰り広げられました。
グラスワールド!熱いですね。
そして、ジョーフィッシュが口内保育しているのも確認でき、非常に満足。
明日の更新もお楽しみに!


Comments

    まー

    アオリイカ、すごいですねえ!
    6月下旬では無理?
    見たいなあ~。

    Reply
    かっつん

    ここまでの数で産卵するのは周期があるようでなんとも言えません。
    でも、6月下旬なら思いっきり産卵期なんで可能性はありますよ。
    まーさんが来られる日程に産卵が見れそうだったらご案内しますね!

    Reply
    まー

    チャンスあるんですか。
    見たいです~!

    Reply
    かっつん

    イカリクエスト承りました!
    それまでにちょこちょこチェックしておきます。

    Reply

Leave a Comment

*