Home / クロホシイシモチの産卵

クロホシイシモチの産卵

5月26日(金) 天気:曇りのち雨 気温:21度 水温22度 透明度7m
講習をするならもってこいのビーチ。マリンステージの講習もここでやろうかなと思いつつ下見ダイブ。
マリンセンター前ビーチ
ホンダワラはまだたくさん残っており、ボートとはまた違った雰囲気。ソラスズメダイやハナハゼを眺めながら、ゆっくりと奥に進みます。
しばらく進むと、『コツ、コツっ』とフィンに噛み付いてくるクマノミ。産卵が近づいたり、卵を守っていると、縄張り意識が強くなり、これからの時期はよく噛んできます。
クマノミの攻撃に気をつけながらイソギンチャクの脇を覗くと、やはり卵を産んでいます。
クマノミの卵

クマノミは卵が孵化するまでこうやってちゃんと守ります。これからの時期はあちこちでこういった光景が見れますよ。
けど、近寄る時は無理せず、クマノミを脅かすような行動には気をつけ見ましょうね。
そういや、おでこを噛まれて歯型がくっきりと残っていた人もいました(笑)
みなさんも気をつけてね!
クマノミを後に、さらに奥へ。
クロホシイシモチはあっちこちでカップルになり、どこもラブラブです。
クロホシイシモチのペア

この魚は普段は群れで生活しますが、産卵期だけこのようにペアになります。来たる一大イベントに向け、お互いの息を合わせているのでしょうね。
ご存知の方も多いですが、この魚はメスが産んだ卵をオスが口の中で育てます。オスは孵化するまで食事も取らず口の中で育てるのです。
あっちこっちでペアができている彼らの中で、産卵間近であろうメスがいました。
ある程度見慣れてくると、産卵間近なのはすぐに分かります。
『おっ、これはチャンス!うまくいけば産卵の瞬間を動画モードで撮ってやろう』
と、気合い十分でデジカメを動画モードに変更。ここからは、ある程度根気勝負です。
オスは卵をくわえる準備が整ってますよと言わんばかりに、1分に数回ほど大きく口を開ける運動を行っています。ストレッチです。
メスは周囲への警戒心が高まり、ある一定のエリアに入ってくる魚すべてをしつように追い払ってます。
すぐにオスの元に戻るや否や、大きく腫れた腹部を身体を曲げでアピール。
そんな2匹の行動が何回か繰り返された十数分後
『来た来た来たーーー』
メスのお腹から鮮やかなピンク色の卵が出てきました。
僕のテンションは一気に上がりつつも『しまった!遅い!早くせねば!』と素早く動画撮影スイッチオン!!
ここで
【電池がなくなりました】の文字
『な、な、なな、なぜだーーーー!???ちょっと待てーーーい!!!』
まだ数枚しか撮っていません。
そんな事を考える間にも、オスは卵を素早くキャッチ。
一連の作業はみるみるうちに終わり、数分後には何もなかったかのような状態に。
ペアは完全燃焼。
そんな脇で、僕は思いっきり不完全燃焼!!
根気よく待ちに待ったこの時間。怒りと悲しみが同時に押し寄せてきました。
と、いう事で、動画は撮れませんでした。
『ちくしょー、覚えてろよ!』
クライマックスを終えたクロホシイシモチに捨て台詞を吐いてその場を去りました。
その場を去ってすぐ、また産卵間近のペアを発見!
こちらも十数分で産卵が見れました。
しとしとと雨の降る涼しげな陸上とは違い、海の中はとても熱かったです!
自宅に戻りすぐに充電器を確認すると、充電完了のまま電池が充電器の上に置かれたままでした。どうやら、カラの電池と入れ替えるつもりが、再びカラを入れてしまったようです(マヌケ)。
やばい。この年でボケてきたのかな(苦笑)
クロホシイシモチの産卵シーン見れますよ!ぜひ一緒に行きませんか。
その他、ボラの大群(すごかった)、オトメベラ、ニジギンポなど


Comments

    イマイ

    電池、きーつけんとね。僕も一度スミレちゃんを見つけたとき、とりあえず遠目から撮って、さぁ、近づいてと思った瞬間、電池切れということがありました。
    しかし、やっぱ串本。イシモチの産卵も速いですね。僕もビーチ潜ってみよ。

    Reply
    かっつん

    カンジさん
    イシモチ。リベンジ行ってきますよ!今度はバッテリーMAXを間違えず持って行きます。
    今度は動画でばっちりと産卵の瞬間をUPします!
    写真展見てきました。いやぁ、すごいですね!一人で30分以上見てましたよ。
    コメントに僕の名前まで載せてもらってありがとうございます。
    PS:みなさん、串本に来た際には【串本ロイヤルホテル】にもぜひお立ち寄り下さい。
    串本の海を見事に演出したすばらしいカンジさんの写真展を行っています。
    『あっ、早くしないと期限が迫っています』

    Reply

Leave a Comment

*