Home / サンゴの産卵ナイトダイビング

サンゴの産卵ナイトダイビング

7月30日(月) 天気:晴れ 気温:26~29度 水温:23~27度 透明度:7~10m
今日のゲストは久しぶりのダイビングということだったので、最初はビーチでのんびり、そして午後からはボート。
最後に、サンゴの産卵狙いでナイトダイビングに行ってきました。
そうです。夏の大潮の夜はサンゴが産卵するんですよ!
1本目:マリンセンター前ビーチ
ソラスズメダイの産卵行動が活発で、いつもより濃いブルーに変色させた婚姻色のオスが、しきりにメスをアピールしている姿が多く見られました。
そしてゲストがミナミハコフグの幼魚を見たい!!とのことで岩陰を丹念に探すと、1cm弱の超小さい子と2cmくらいの綺麗な黄色の子と2固体を見つけることができました。
ゲストも初めて見たとのことで、喜んで頂けたと思います。
しかしビーチは水温が高い!
浅瀬は27℃、少し下がっても26℃です!
ボートも早くこの水温にならないかな~!なんて思いながら潜っていました。
卵を守るクマノミ、クサフグ達、クロホシイシモチの群れ、ニセゴイシウツボ
2本目:グラスワールド
浅瀬のサンゴエリアでエントリーしてアンカーまで戻るという変則パターン。
今日もアオウミガメが優雅に泳いでいました~。
って、止まってる子が見たいんですよ!!しかも超接近で。
今日の子は2日前にも見た、甲羅の右側に傷がある子。
その時もすぐに泳いで行ってしまった。
マメに足を運んで慣れてもらうしかないのだろうか。
ジョーフィッシュ、クロユリハゼ、1cmほどのハナゴイ幼魚群れ、ハマフエフキ群れ
3本目:オレンジハウス前ビーチ
台風後の7月中頃にクシハダミドリイシ(テーブルサンゴ)の一斉産卵が終わったんですが、まだその残りが産卵するかも!と言うのと、別種のエンタクミドリイシも産卵するかも!との情報を頂いたので、ちょっと遅めのエントリーで産卵を狙ってみました!
しかし、68分の粘りましたが、産卵しているサンゴを見つけることができませんでした。
同時刻に潜っていた他ショップのチームは、ちょろり程度ですが産卵を確認したそうです。
え!?教えてほしかった。涙
また来年リベンジです。
オレンジハウス前ビーチ サメハダテナガダコオレンジハウス前ビーチ ゾウリエビオレンジハウス前ビーチ ソメンヤドカリ

しかし、昼間では見られない魚たちの行動や体色、甲殻類も多く出ていました。


Leave a Comment

*