Home / ゴシキイトヒキベラとトウモンウミコチョウ

ゴシキイトヒキベラとトウモンウミコチョウ

6月21日(木) 天気:快晴 気温:21~26度 水温:21~22度 透明度:10m
梅雨だというのに今日は快晴!!気持のいい一日でした。
1本目:住崎
うわさのゴシキイトヒキベラに会えました!
備前、住崎からの発見情報はあったんですが、個人的に見るのは初の魚でした。
ベラの中でもかなり人気度の高いイトヒキベラの仲間。
多くいるのは普通のイトヒキベラ。でも今日のはその仲間のゴシキイトヒキベラです。
何気にイトヒキベラ達を眺めていたら、見慣れぬヤツに釘付けになりました。笑
こんな時にかぎってカメラは電池切れだったりする…。苦笑
次回の単独潜水でリベンジです。
トウモンウミコチョウというムラサキウミコチョウと同じ形の、でも緑で水玉模様のウミウシとも初対面!
今日の住崎は初が2つもありました!
毎日潜っていようと、海も生物も毎回違う。
だから海は止められない!
その他、ヤノダテハゼ、ハナゴンベ、カゴカキダイ群れ、アマミスズメダイ群れ
2本目:備前
背ビレがやぶれていない去年から居るホタテツノハゼがいるらしい!
『えぇ?』
聞いたのは10日ほど前の話で、その時は半信半疑でしたが、やっぱいるみたい。
ずっと巣穴から出てなかったようです。しかも今でもあまり出ていないようです。
これから水温が上がればほぼ見れると思いますが、今は運が良いと会えるというレベルかも。
僕はもう居ないと思っていたから、最近は背ビレがやぶれてしまっているホタテツノハゼを見ていた。苦笑
『全国のホタテツノハゼファンのみなさん!!ガンガン寄れるしかも背ビレのやぶれていない子が現れました。ぜひ撮りに来て下さ~い』
ヒレナガネジリンボウ×3、ネジリンボウ、ヤノダテハゼ、ホタテツノハゼ属の一種3、ミナミダテハゼ。
備前はハゼの宝庫です。
今日はカンパチの大群にも会え大満足でした。
今日の写真はキンギョハナダイです。
ハナダイの仲間では一番多く見られる種です。。
ヨリコバ

明日は3本潜ってきます。南西の風が強い予報だけど、外洋行けるかな?
久々にヨリコバ行きたいぞ~!


Leave a Comment

*