Home / 繁殖行動が本格化

繁殖行動が本格化

5月20日(月) 天気:曇りのち晴れ 気温:23℃ 水温22℃ 透明度20m
毎度です~!谷口です。
今日は海荒れるか思うてたんですが、意外にもずっと穏やかでした。
この平日はゲスト無し!ってことで、初日の今日はボート業務のみだったんですが、予定外に1本で終了したので午後から1本潜ってきました。
もちろん、旬のものを狙ってね!
まずはアオスジテンジクダイの口内保育
顎の張り具合で卵を持ってるかどうか簡単に見分けがつきます。
1分に1回くらい口をはふはふさせて海水を入れ替えるので、その瞬間を狙うと卵もしっかり撮れるよ!
グラスワールド アオスジテンジクダイの口内保育
そして、ずっと撮りたかったセナキルリスズメダイの保育
他のスズメダイと違って、保育現場をおさえるのはけっこう難易度が高い。
グラスワールド セナキルリスズメダイの保育
今確認しているのは、マツバ、ミツボシ、ナガサキなど、他のスズメダイも産卵期に入ってます。
ベラ系も見てたら、ヒレ広げまくって雌にアピールしてる雄が何種類もいて、水温の上昇と共に魚達の繁殖行動が本格化してきた。
僕は一年でこの時期が一番好き!
今の瞬間を見逃さないよう、時間があればたっぷり向き合っていきたいと思います。
ほんじゃまた。


Leave a Comment

*