Home / 凪な一日

凪な一日

4月30日(月) 天気:快晴 気温:22度 水温:18~20度 透明度:5~15m
GW3日目にしてやっと凪になりました。
気温も高かったので、エキジット後も裸で大丈夫でしたよ。
いやぁ~、夏ですねぇ。
1本目:サンビラ
砂地をじっくり攻めてきました。
泥砂を好む他のポイントではあまり見れないカスリハゼやクサハゼ。
他にはササハゼ、オトメハゼ、ハナハゼなどハゼたっぷりでした。
また新たな所でタツノイトコ、そしてクロイシモチの群れてる場所も発見しました。
その他、ヨコスジイシモチ、オドリカクレエビなど。
そう言えばアオリイカはどこへやら?まったく産卵現場に立ち会えません。
早く産卵シーンに立ち会いたいのに…。
2本目:備前
西のアザハタの根のクロホシイシモチが数を増しています。
一見クロホシイシモチだけの群れに見えますが、中にはキンメモドキもいるし、タカサゴ、マアジだって混ざってます。
そこの中心にいるアザハタ。貫禄ありますよ。
産卵期にのみ見られるというカワハギのオス同士のケンカが面白いですよ。
だってお互いのしっぽを追いかけあうようにクルクル回りながら上昇していくんですよ!?
『まるでラブラブなカップルに見える!』
ですが、お互いオスなんです。みなさんもその眼で確かめて下さい。
面白いですよ。笑
タイミングが合えばきっと産卵シーンにも立ち会えると思いますので、この時期のカワハギの動きには要チェックです。
3本目:グラスワールド
前半はずっと頭上をキビナゴの群れが流れていました。
そんな下で、カゴカキダイの群れやアカヒメジの群れを見たり。
スリバチカイメンの影でちょろちょろと泳ぐアマミスズメダイの幼魚がたまらなく可愛かったです。
グラスワールド 人気者のジョーフィッシュ

ピカチュウウミウシ×2、ジャパニーズピグミーシーホース、ヒオドシユビウミウシなども見られました。
さてさて、明日は午後から南西の風が強い予報ですので、午前中2ダイブで潜ってきます!


Leave a Comment

*