Home / ジャパニーズピグミーシーホース

ジャパニーズピグミーシーホース

3月18日(日)天気:晴れ 気温:12度 水温:17度 透明度:15m
久々の串本ダイブ!この日を待ってました。
1本目:備前
ついに見っけました!!!「ジャパニーズピグミーシーホース」
前々からこのあたりは怪しいと睨んでいたまさにそこに居ました。
単独で備前に潜る時はほぼ毎回確認していた場所(岩)なんですが、今日やっと発見することができました。
今まで見逃していたのか、運良くたまたまいたのか。
周囲に同化しているし、しかも小さいのでなかなか発見できなかった。
最後に見たのは2003年で、個人的にも久しぶりに会う生物です。
その時いた子は体長5mm弱くらいだったんですが、今回の子は1cmくらいあり、前に比べるとかなりデカイです。他の生物と比べると小さいですが…苦笑
備前 ジャパニーズピグミーシーホース

一見の価値ありですよ!ぜひ虫眼鏡を持って一緒に見に行きましょう。
備前 ヤシャハゼ正面顔

砂地エリアでは、ヤノダテハゼ、ヤシャハゼが見られました。
他には、こちらも久しぶりのベニハナダイ、そしてムレハタタテダイ100匹くらいの群れなどが見れました。
2本目:グラスワールド
面白い光景に出会えました。
なんと、どこにでもいるオトヒメエビなんですが、なんか変だなと思って近づいて見ると、さらに小さいオトヒメエビが背中の上に乗っかっていました。
『なんだこりゃ?』
グラスワールド オトヒメエビONオトヒメエビ

こんなの初めて見ます。オトヒメエビONオトヒメエビ。笑
これらの卵は一度浮遊するので子供という訳ではないはずなのですが、なんとも面白いですね。仲良いのかな?
これからの時期に見られるウスバハギも久々に泳いでいました。
ウスバハギは串本弁ではその姿形からラケットと言いますが、その味はあっさりとしてとてもおいしく、好きな魚の一つです。
グラスワールド ウスバハギ

と、ウスバハギを見るといつも食べることばかり考えてしまうのでした。笑
その他、ベニヒレイトヒキベラの小群、フリソデエビ×2、アマミスズメダイの幼魚、セナキルリスズメダイの幼魚、ジョーフィッシュなどを見て楽しみました。


Comments

    まー

    ヤシャハゼの正面顔に一番惹かれました~ 笑
    サイパン、報告も楽しみにして居るんですが?
    あれで、おわり?何てコト無いですよね?? 笑
    まあ、すごく良かったようで、何よりです。
    私は今週末からラヤンラヤンです。
    行ってきま~す。

    Reply
    かっつん

    まーさんは、やっぱハゼに喰いついてくれますね。笑
    このヤシャハゼは、あのヤシャハゼですよ。
    15㎝くらいまで寄って撮りました。
    サイパンツアー報告はいましばしお待ち下さい。
    実はサイパンから帰ってきたらパソコンが調子悪くなり、一昨日買い替えて、いま復旧作業に追われてます。苦笑
    パソコン苦手男なので、作業がスムーズにいけす、戸惑っております。
    ラヤンラヤン!!わお!
    楽しんできて下さいませ。

    Reply
    まー

    健在なんですね。
    いつまで生きれれるンですか?
    なんか、昨年の話から、1年持たずに死んでしまうのかと
    思っていましたが、
    もし、このまま生き続けてくれたら、
    夏前でもすでに人慣れしてて寄り放題ってことになるんでしょ?
    だいたい、寿命はどれくらいなんでしょうね?

    Reply
    かっつん

    いつまで生きられるんでしょう?
    寿命はせいぜい数年じゃないのかなと勝手に思ってます。
    しかしこのままだと越冬するかも分りませんね。
    もう3月も末ですからね……。
    この夏まで健在だったら、すごいですね!

    Reply

Leave a Comment

*