Home / 生物豊富

生物豊富

12月23日(土)天気:晴れ 気温:13度 水温21~22度 透明度20m
天気も良く、海もベタベタでとてもいいコンディションでした。
今年は水温が高く、年末なのにいまだ22度と快適で、ドライを買ったにもかかわらず、ほとんどロクハンで潜っている日々です。
1本目:備前
一時期のキビナゴはどこえやら??
雲のように頭上を覆っていたキビナゴ達は、いっせいにいなくなっていました。
久々にハゼエリアまで足を運びました。
すると、まだまだ人気種は健在で、ヤシャハゼのペア、ホタテツノハゼ、ヤノダテハゼ、ヒレナガネジリンボウ、そして今回ヒメオニハゼを見つけました。
備前 ヤシャハゼのペア 12月23日備前 キミシグレカクレエビ 12月23日

帰りしな、ホタテウミヘビ、フリソデエビのペア、クビナシアケウス、キミシグレカクレエビなどを観察。
面白いですよ!備前。生物が豊富です。
2本目:住崎
オオモンイザリウオが見事に海綿に擬態しています!が、……体が海綿よりも外にはみ出ているので、バレバレでした。笑
たぶん6月からいる子で間違いないと思います。こうやって長い間見れるのはなかなか無いので、いつまで成長が見れるのか楽しみでもあります。
写真を撮ったとき、ちょうどあくびをしてくれました!
住崎 オオモンイザリウオ 12月23日住崎 アカヒメジの群れ 12月23日

本根周辺は魚が多く、アカヒメジ、カゴカキダイ、アマミスズメダイ、イロブダイの幼魚、イソコンペイトウガニ、イソバナガニとこちらも生物豊富でした。
僕は見れませんでしたが、イロイザリウオの幼魚、そしてハナゴンベも登場しているようです。
これは見逃せませんね。


Leave a Comment

*