Home / 冬季限定ポイント!内浦ビーチ

冬季限定ポイント!内浦ビーチ

11月13日(月)天気:晴れ 気温:18度 水温21度 透明度10~15m
串本は、潮岬を境に西と東の2つの海が楽しめます。
普段私達が潜っている、住崎やグラスワールドなどは西エリア。
潮岬、大島、古座などは東エリアになります。
両者の違いは、
西エリア=トロピカルな魚がいて水温も高い。
東エリア=水温は若干低めですが、串本では見られない生物のオンパレード。
車で約10分の移動で2種類の海が楽しめるなんて、串本は環境に恵まれています。
そして今日は東エリアの須江(大島)に潜りに行ってきました。
ポイントは数年前から話題沸騰の「冬季限定ポイント内浦ビーチ」です。
このビーチは前から潜りたかったんです。そう、実は初めてでした。苦笑
だってビーチで30mまでとれるんですよ!西エリアでは考えられません。
そして、初潜水の感想は……魚が全然違って楽しいっ!
まずは10mほどのところに群れているアカカマスの群れ!
いったい何匹いたんだろう?これは良かった!
内浦ビーチ アカカマスの群れ内浦ビーチ アカカマスの群れ2

砂地に下りればあちこちから、ウミヘビの仲間やアナゴの仲間が顔を出しています。
内浦ビーチ ダイナンウミヘビ内浦ビーチ ホタテウミヘビ内浦ビーチ ゴテンアナゴ

砂質が泥っぽかったので、西エリアで言うとアンドの鼻に似ています。
泥質の砂を好むクサハゼうじゃうじゃ、海藻に紛れてタツノイトコ、貝殻に住んでる個人的に初めて見たメジロダコ。
内浦ビーチ クサハゼ内浦ビーチ タツノイトコ内浦ビーチ メジロダコ

驚いたのは、深場を好む南方種のハナゴンベが居たこと。しかも14mに!
内浦ビーチ ハナゴンベ

もう一つは、砂地で終始ストーカーをしてきた1mを越える大きさのヤガラ。
もしや、僕を食べようとしてたの?笑
最初振り返ったとき、あまりに近く、しかもでかかったので、心臓飛び出るかと思うくらいビックリしたよ!
内浦ビーチ アオヤガラ?それともアカヤガラ?

などなど、とにかく見ものはいっぱいでした。
写真には撮れなかったけど、3cmくらいのセミホウボウの赤ちゃんや、オドリカクレエビ多数、テッポウイシモチ、ホカケハナダイなど、あちこち目を奪われて忙しかった。
今回見れなかったけど、ニシキフウライウオ、カミソリウオ、ミジンベニハゼもいるそうです。
ということで、今日の続き!明日も潜りに行くことにしました!!
明日アップするので楽しみにしてて下さい。


Leave a Comment

*